運動と健康

健康の概念は、1948年の設立における世界保健機関憲章の前文にある、以下の定義が有名である。

身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。

この定義には、健康に関連する権利が不可分かつ相互依存であることを示している。

世界保健機関は1999年の総会で健康の定義として以下の定義を提案している。強調は1948年との変更箇所(原文に強調はない)。

健康とは身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。

社会的な健康の概念は、健康の社会的決定要因により説明される。すなわち、裕福で、富の分布が公平な社会にすむ人たちは、健康である。また、どのような社会においても、社会的地位が低いと、平均寿命は短く、疾病が蔓延している。

Written by

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Proin massa felis, sollicitudin a accumsan eget, malesuada quis sapien. Vivamus bibendum felis ut enim lacinia interdu. Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus