免疫力の強化

乳酸菌は、免疫力を強化させる効果もあります。

乳酸菌は、腸内に存在する菌で、乳酸菌を増殖させることで、腸内環境を改善します。腸は、口から胃、小腸、大腸とつながっている消化器官ですが、口から入った異物にさらされる場所でもあります。

このため、腸管に関連するリンパ組織を通じて、異物とそうでないものを区別する免疫システムもあるのです。乳酸菌は、腸管に関連する免疫組織にも影響を与え、免疫細胞の一つであるヘルパーT細胞(Th)に影響します。

アレルギー疾患の人は、Th1よりもTh2が多く、Th1とTh2のバランスが崩れていることが多いそうですが、乳酸菌は、Th1を増加させ、Th2を減少させる効果があり、Th1/Th2バランスが改善されます。

乳酸菌にアレルギー症状の改善効果があるのは、腸管の免疫組織に影響を与え、Th1/Th2バランスを改善し、アレルギー症状を改善するためで、乳酸菌が免疫機能に影響を与えていることがわかります。

最近の研究では、マウスの実験で、乳酸菌を与えたマウスに、ナチュラルキラー細胞(NK)の異種ナチュラルキラーT細胞(NKT)が増えることが確認されています。

NK細胞は、がん細胞やインフルエンザウィルスなどを見つけると退治してしまう細胞ですが、NKT細胞は、自らウィルスや最近を攻撃するだけでなく、
免疫機能をコントロールしたり、抗体を作ったりする新しく見つかった免疫細胞です。まだ研究途上の免疫細胞ですが、免疫機能に重要な役割を持っていると考えられています。

アレルギー症状のない人でも、乳酸菌を取ることで、免疫細胞のバランスが取れ、免疫力が強化されれば、細菌やウイルスが原因で起こるカゼなどの様々な感染症を予防できますし、毎日生まれてしまうガン細胞を退治することもできるでしょう。

積極的に、乳酸菌を取るようにしたいですね。

(出展: http://e2kin.seesaa.net/article/117097965.html)

Written by

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Proin massa felis, sollicitudin a accumsan eget, malesuada quis sapien. Vivamus bibendum felis ut enim lacinia interdu. Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus