テスト

一般的に運動といえば激しい競技スポーツを想像する方も多いかもしれませんが、健康つくりの観点からの運動にはラジオ体操や散歩のような軽いものも含まれます。年をとった、体が弱いといって運動をしないと、ますます体がなまってしまいます。運動にはこれでなければならないという基準などなく、年齢や体力に合わせて選ぶ事が大切です。実際にやってみて、ご飯が美味しく感じられたり、寝付きがよくなたと感じたら効果があったといえます。

--40代の運動---------

健康のための運動は少しずつでも毎日続けるのが理想的です。しかしそれが無理なときは少なくとも週1回くらいは体を動かしましょう。この年頃は持続力の衰えを防ぐ、気分転換に役立つ、集中力を養うが運動種目を選ぶポイントです。

--50代の運動---------

体の無理がだんだん利かなくなってくるので、ふだんの生活管理に重点を置き、運動は楽しむものと割り切りましょう。

--60代の運動---------

若いときから体を鍛えた人と、そうでない人の体力の差が目立ってきます。疲れたと感じたら途中で休みましょう。それでもだめなら中止するという具合に無理をしないで運動することを心掛けましょう。寝不足の日や酒を飲み過ぎた日はふだんよりも体力が弱っているため無理をしないようにしましょう。